次回開催情報
これまでのカフェ・ローエル
廃油キャンドル
天文学者 パーシヴァル・ローエル
水のある風景
スタッフ日記


ぼら待ちやぐらアイコンお知らせ
  • カフェ・ローエル実行委員会
    メールでのお問い合わせは
    こちら
    web担当:鈴木
ぼら待ちやぐらアイコン最近の記事
ぼら待ちやぐらアイコン最近のコメント
ぼら待ちやぐらアイコン最近のトラックバック
ぼら待ちやぐらアイコン月別アーカイブ
ぼら待ちやぐらアイコンカテゴリー

100万人のキャンドルナイト リンク

ぼら待ちやぐらアイコンブログ内検索


カフェ・ローエル 夜景

パーシヴァル・ローエルも冥王星も、不滅です!
<< 【風景】【番外編】日本最古の漁法 ボラ待ちやぐら・ぼら待ちやぐら | main | 【第3回】出店者情報 >>
キャンドルスポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- | comments:(-) | trackbacks:(-) |
キャンドルローウェル家の人々(2)ジェイムズ・ラッセル・ローエル

ジェイムズ・ラッセル・ローエル長き伝統を誇るローウェル家でも最も著名な男だったであろうジェイムズ・ラッセル・ローエルはパーシヴァル・ローエルの叔父にあたり、ロマンティック詩人・批評家・風刺家・外交官そして奴隷廃止論者だった。

子供の頃からラテン韻文に親しんでいたジェイムスは1838年ハーバード大学に入学する。特に将来の展望が見つからなかったのでとりあえずは法律を学びながら詩や散文をいろんな雑誌に寄稿しており、当時「炉辺の詩人」というアメリカ新体詩運動のメンバーにも属していた。

1840年、詩人のマリア・ホワイトと結婚。このマリアホワイトとの暮らしが彼に大きな影響を与えることになる。マリアはすでに有名な詩人であり、彼女の性格と信条は「不摂生と奴隷制度への悪」にジェイムスを向かわせることになった。彼ら二人は社交界のヒーローとヒロインになった。


そして生活名目上、法律事務所を維持するけれどジェイムスはますます文学的なジャーナルを確立することに情熱をかたむけることになっていく。現在ではアメリカルネッサンスの巨人たちとして有名な「ナサニエル・ホーソーン」や「エドガーアランポー」などをエディターとして彼らの才能に道を開いたりもした。新聞寄稿や雑誌編集といったジャーナリスティックなエディター(編集者)としてのジェイムスはエスプリがきき、ユーモアあふれていた。もちろん彼の詩も文学史にはたびたび登場するが、奴隷廃止論や米墨戦争(1846年)においての彼の論文は人気があったらしい。しかし愛するマリアホワイトとの12年間の生活は彼女の死によって終わりを告げられ、幼い息子にも先立たれる。しかしこの悲しみがより彼の人生を再調整させることにもなる。

「明朗になろう。耐えきれぬほどのひどい不幸など、あり得ないのだから」

出版人としての半生を送った後は外交官としてあるいは大学で教えることになったり公的な分野で活躍することになった。

ジェイムズ・ラッセル・ローエルは十全に人生を生きた。

スポンサーサイト
| パーシバル・ローエル | 22:24 | comments:(0) | trackbacks:(0) |

コメントする












管理者にだけ表示を許可する

http://lowell.blog62.fc2.com/tb.php/38-db6e2142
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。