次回開催情報
これまでのカフェ・ローエル
廃油キャンドル
天文学者 パーシヴァル・ローエル
水のある風景
スタッフ日記


ぼら待ちやぐらアイコンお知らせ
  • カフェ・ローエル実行委員会
    メールでのお問い合わせは
    こちら
    web担当:鈴木
ぼら待ちやぐらアイコン最近の記事
ぼら待ちやぐらアイコン最近のコメント
ぼら待ちやぐらアイコン最近のトラックバック
ぼら待ちやぐらアイコン月別アーカイブ
ぼら待ちやぐらアイコンカテゴリー

100万人のキャンドルナイト リンク

ぼら待ちやぐらアイコンブログ内検索


カフェ・ローエル 夜景

パーシヴァル・ローエルも冥王星も、不滅です!
<< 【第3回】出店者情報 | main | 【風景】【番外編】能登穴水川島祭り2 >>
キャンドルスポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- | comments:(-) | trackbacks:(-) |
キャンドルローウェル家の人々(1)
エイミー・ローエル

ここ数日、パーシヴァル・ローエルのことを調べるにつけ、興味深い物事が次々でてくる。
20世紀はじめ、アメリカモダニズム詩人であり、ピューリツァー賞に輝いたこともある妹がいた。

葉巻きを愛好し、巨体をたゆたわせた女性詩人、エイミー・ローエル。

「T.S.エリオット、エズラ・パウンド、D.H. ローレンス、ロバート・フロストといった詩人達と活発に議論を交わしていたらしい。彼女の詩や詩論は、彼女の詩作のなかには日本や東洋を題材とした作品が多くあり、そのオリエンタリズムの特徴や、あるいは、現代詩の中核をなすイマジズムの擁立と実践にかかわる詩論など、興味深い研究がなされてきたのは事実である。それでも、40年代以降のキャノンから彼女が明確に排除されたことも否定できない事実である。それはなぜだろうか。皮肉な事に、その理由をさぐることから逆に彼女の本質に迫る道が開けてくる。実際ここ10年ほど、エイミーに対して熱っぽい関心が向けられはじめ、これまで抑圧され、無視され続けた彼女のレズビアン詩人としての側面に新しい光が注がれている。ボストン・ブラーミン出身の彼女が背負った文化との関係において、その伝統にあらがった彼女の詩作と生き方は、今こそ新しい研究を求めているといって過言ではない。」

と、国際基督教大学の大西直樹英米文学教授は語っている。

兄が兄なら妹も妹だ。ぶっ飛んでいる。もともと文学的素養のある家系のようだ。実際、ネットで検索してもエイミー・ローエルの記事は日本語ではあまりみつからない。英文のサイトをしらべてみるか。

スポンサーサイト
| パーシバル・ローエル | 14:34 | comments:(0) | trackbacks:(0) |

コメントする












管理者にだけ表示を許可する

http://lowell.blog62.fc2.com/tb.php/34-6486e434
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。