次回開催情報
これまでのカフェ・ローエル
廃油キャンドル
天文学者 パーシヴァル・ローエル
水のある風景
スタッフ日記


ぼら待ちやぐらアイコンお知らせ
  • カフェ・ローエル実行委員会
    メールでのお問い合わせは
    こちら
    web担当:鈴木
ぼら待ちやぐらアイコン最近の記事
ぼら待ちやぐらアイコン最近のコメント
ぼら待ちやぐらアイコン最近のトラックバック
ぼら待ちやぐらアイコン月別アーカイブ
ぼら待ちやぐらアイコンカテゴリー

100万人のキャンドルナイト リンク

ぼら待ちやぐらアイコンブログ内検索


カフェ・ローエル 夜景

パーシヴァル・ローエルも冥王星も、不滅です!
<< パーシヴァル・ローエル新刊! | main | こども復興夢プラン「街の未来の絵を描こう」 その② >>
キャンドルスポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- | comments:(-) | trackbacks:(-) |
キャンドルガレージ映画上映会
25日19時から予定されている、ガレージ映画の紹介です。
ポスターの中では「ライトニングアポトル」と書いてしまったのですが、「ライトニング・イン・ア・ボトル」というのが正しい題名でした。

ライトニング・イン・ア・ボトル

《内容》
 2003年アメリカでは、ブルース生誕100年の記念事業として“イヤー・オブ・ザ・ホース”の名のもとに7本の長編ドキュメンタリー映画「THE BLUES Movie Project」が製作されたり、ラジオ、CD、出版、学習教材など様々なメディアでブルースを再評価する試みが展開された。そのプロローグにして、最大のイベントとなったのが2月7日の夜にニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで行われたコンサート“サルート・トゥ・ザ・ブルース”である。約6000人のキャパシティを持つホールが満席となり、総勢50人を超えるミュージシャンたちが5時間にも渡る熱いステージを繰り広げた。本作はまさに“奇蹟の一夜”と呼ぶに相応しいこのコンサートの興奮と感動を余すところなくフィルムに焼き付けた長編音楽ドキュメンタリーである。

う~ん。なんともすごいドキュメンタリー映画のようです。
スポンサーサイト
| 第8回 復興祈念 カフェ・ローエル2007夏 | 18:32 | comments:(0) | trackbacks:(1) |

コメントする












管理者にだけ表示を許可する

http://lowell.blog62.fc2.com/tb.php/117-a1ec0c46
ミュージックホールミュージックホール(みゅーじっくほーる)とは、客に対し音楽を提供する娯楽施設である。本来、桟敷席があるオペラ劇場などを示したが、欧米においてはカフェなども含まれ、現在においては、ライブハウスなどの大衆的な多目的ホールを示すことがある。音
| 『ホール』全国一覧。 | 2007/10/04 11:28 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。