次回開催情報
これまでのカフェ・ローエル
廃油キャンドル
天文学者 パーシヴァル・ローエル
水のある風景
スタッフ日記


ぼら待ちやぐらアイコンお知らせ
  • カフェ・ローエル実行委員会
    メールでのお問い合わせは
    こちら
    web担当:鈴木
ぼら待ちやぐらアイコン最近の記事
ぼら待ちやぐらアイコン最近のコメント
ぼら待ちやぐらアイコン最近のトラックバック
ぼら待ちやぐらアイコン月別アーカイブ
ぼら待ちやぐらアイコンカテゴリー

100万人のキャンドルナイト リンク

ぼら待ちやぐらアイコンブログ内検索


カフェ・ローエル 夜景

パーシヴァル・ローエルも冥王星も、不滅です!
<< 【冥王星】ディズニー「7人のこびと」、冥王星降格に不満の声明 | main | 【第4回】写真(6)夜の様子 >>
キャンドルスポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- | comments:(-) | trackbacks:(-) |
キャンドル【冥王星】ローエルを死ぬまで讃える男
CIMG5875.jpg CIMG5902.jpg
当日、こんな看板があったのを、皆さんご存知ですか??
スポンサーサイト
| スタッフ日記 | 18:16 | comments:(3) | trackbacks:(0) |
いやはや参りました。ローエル氏の「何事も大げさな精神」はは遠く極東の果て、穴水の坂下さんの心に脈々と受け継がれているようです。
| MAKOTO | 2006/09/03 08:36 |
んだんだ~ おらも ぶったまげ!!!
| でんでん虫 | 2006/09/03 13:52 |
これは大川端のローエル上陸地点記念碑で
このような宣言をした人物が穴水に、いるわけですね。勇気ありますね。
勇気といえば、ローエルが能登半島を目指して長い旅をしてきたのに
穴水に来て半島の突端の珠洲岬へは向かわずに
帰途についたかということについて私ヒーチャンは長らく考えてきました。
そして一つの結論を得ました。それは私などが小学生(大東亜戦争中)の頃
穴水校の校庭から晴れた日に穴水湾越しに眺めていた立山連峰の美しい遠望を
見て、あの山に登山して頂上を極めたい思いに七尾からの海上でとりつかれた
のではないかと思うのです。その証拠に
著書『能登』の後半は、この立山登山の悪戦苦闘の記録になっているからです。
もっとも彼はその登山には見事に失敗するのですが。
みなさんも、もう一度あの箇所を読み直してみてください。
以上」

| チコンキ屋のヒーチャン | 2006/09/12 15:48 |

コメントする












管理者にだけ表示を許可する

http://lowell.blog62.fc2.com/tb.php/107-faf035f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。